読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grip

ドローン、家電、クルマからホビーまでデジタルライフの楽しみ方を提案

アマチュア無線4級免許受験日記

ドローンレースを始めたく、アマチュア無線4級免許を取得することにしました。
レースで必要なFPVには5.6GHz周波数を使うため、無線免許が必要なのです。
とはいえ試験などもう20年以上まともに受けたことがないので、
参考書を買ってから、勉強するまでの間が本当に苦痛でした。
脳が勉強する、しなくてはいけないというストレスを拒否するのです。
これを克服するのが思った以上に大変でした。


なおアマチュア無線4級免許の試験問題は4択ですが、法規と工学があり、
実際の試験ではそれぞれ12問づつ、合計24問が出題されます。
1問は5点で40点で合格となりますので、4問までは間違えても!?OKです。


僕が今回受験にあたり使ったのは、2冊の本です。


1冊目が「コミック版最新ハム問題集」CQ出版社
2冊目が「完全丸暗記初級アマチュア無線予想問題集」

まずは「コミック版最新ハム問題集」をパラパラと見て、
なんとなく無線の概要みたいなものを理解しました。
この辺りはマンガならではかもしれません。

次に「完全丸暗記初級アマチュア無線予想問題集」で、
法規の問題を解きました。


しかし、ここで壁にぶつかります。
普段、日常で使わない言葉を丸暗記する気力が湧かないのです。
本当は無理やり頭に叩き込めばいいのですが、
さび付いた脳は覚えることをひたすらに拒否します。


このままでは合格率7割の壁を越えられない…。
という時に役立ったのが、WEBの過去問題集でした。

アマチュア無線試験問題
http://homepage3.nifty.com/srz/hamtest/

本と違って詳細な解説などは一切ありません、
ただひたすら正誤判定をされるだけです。
また自分でページをめくって正誤判定をする必要がないので、
答え合わせが非常に楽でした。

とにかくこれを2日ほどやり続けると、もう問題ごと覚えてしまうので、
あとはゲーム感覚で満点を取るまでやり続けました。

 

法規はもう問題ないあとは工学だけです。
これもアマチュア無線試験問題で覚えるだけだ!
http://homepage3.nifty.com/srz/hamtest/

しかし、この工学が最も難関でした。
僕は文系なのですが、回路の理屈などに対して「なぜだろう」というのが、
常に頭にもたげてしまうため問題を暗記だけするというのが、
どうしてもできないのです。

そこでWEBの問題をやり理解できないことは、
「コミック版最新ハム問題集」で理論や数式を覚えました。

絶対に必要となる数式などはワードで整理してまとめました。

あとは法学と同じように問題を覚えてしまい、
ひたすら満点を取るまで繰り返しました。

 

試験前日は「完全丸暗記初級アマチュア無線予想問題集」をひたすら解きました。
正誤の確認をするのにページをめくるのが面倒だったので、
エクセルに答えをすべて記入して、
問題の答えもエクセルに打ち込めるようにして、
一気に確認できるようにしました。

あまりにも久しぶりの試験で、緊張で心が落ち着かず、
ほとんど寝れませんでした。


試験当日は移動中にタブレットで、WEBの試験問題を一通りこなした後に、
完全丸暗記初級アマチュア無線予想問題集の問題ををすべてやり、
間違った箇所にチェックを付けて、試験会場でそのチェック箇所の問題と答えを再確認しました。


いざ試験です!


問題は拍子抜けするぐらい簡単でした、すべて明確に答えられる問題ばかりで、
ものの5分で終わってしまいました。

試験時間は1時間ですが30分すると退席できるため、すぐに帰路につきました。
試験問題はもらえるのですが、確認するまでもなく全問正解していることを、
疑う余地すらないほど、合格に自信がありました。


試験から約3週間後に合格通知が届きました。
合格することはわかっていましたが、
やはり合格という文字にはうれしさがこみ上げてきました。

正直、無駄に頑張りすぎたなと思う部分もありましたが、
アマチュア4級は出題範囲も広いため、仕方がないのかもしれません。


無線や工学に対する興味も湧いてきたので、
また別の試験にも挑戦してみたいと思っています。